© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

2. 症状

アカリンダニに寄生されたミツバチの群は、末期状態になるまで、その症状がわかりません。

一見強群に見える群が、実はひどく寄生されていることも珍しくありません。

<Kウイング>

<徘徊>

唯一、寄生率が低い時にあらわれる症状として、Kウイングがあります。

これは、後翅が閉じずに横に飛び出す症状で、Kの字に見えることからその名前がつきました。

アカリンダニの寄生率と、Kウイングの出現率は相関することから、Kウイング個体が増えたらアカリンダニ寄生が疑われます。

ただし、Kウイング=アカリンダニではなく、アカリンダニ以外でKウイングが出ることもありますし、逆にアカリンダニ寄生であってもKウイングにならないこともあります。

 

最も典型的な症状が、ミツバチの徘徊現象です。

飛べないミツバチが巣箱の周りを徘徊し、大量に死んでいきます。

晩秋~初春の寒い時期に見られることが多く、数週間でミツバチ数が激減します。

<貯蜜を残した全滅>

ミツバチ数が少なくなると群として温度を維持することが難しくなるのか、最後は一握りのミツバチが寒さで仮死状態になっているのが観察されます。

この時、巣の中には大量の蜂蜜が残されたままになっています。

餌不足による群の消滅とは異なることがわかります。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now
15.jpg